PR

靴用の洗剤の代用は?靴がキレイになる洗剤を選ぶ基準はこれ!

スポンサーリンク

靴用の洗剤の代用は?

・スニーカーを洗いたいんだけど
・洗濯洗剤でも、靴はきれいになるの?
・台所用の洗剤でも、靴を洗うことは可能?
・固定石鹸で靴の洗剤の代用になる?

と、お悩みではないですか?

管理人
管理人

私も靴を洗う洗剤は、いろいろな種類を試したことがありますよ~。

靴を洗うのに、いろいろな洗剤を試したことがありますが、まず結論から言うと、どの洗剤でも、ある程度の汚れは落とすこと可能です。

ですが、いろいろ使って分かってみたことは、

・酸素系漂白剤は注意が必要
・食器用洗剤よりも、洗濯用洗剤の方がいい

と言うことがわかりました。

特に、酸素系漂白剤は、汚れだけではなく、靴のにおいまで落としますので、結構お気に入り、今でも使っていますが、注意しないと靴が破れてしまう…ってことがありますので、注意が必要。

そして、靴を洗うのに、食器用洗剤よりも洗濯用洗剤の方がいい理由も、もちろんあります。

と言うことで本日の記事は、靴用の洗剤の代用について、私の経験をもとに、どの洗剤がいいのか?について紹介していきますね~。

スポンサーリンク

靴の洗剤の代用品は?選ぶ基準はこれ!

洗剤って、どれも一緒…と言うわけではなく、いろいろな種類がありますよね。

食器を洗うのには、食器用洗剤だったり…。

逆にいうと、食器を洗うのに、洗濯用洗剤は使用しませんよね。

こんな感じで、洗剤って、実は使う場所によって、洗剤に入っている成分がちょっとずつ違っていますので、適材適所の洗剤を選んだほうが、より高い効果が期待できます。

管理人
管理人

これを知らないと、靴の汚れと相性の良く無い成分が入っている洗剤を選んでしまうことになります。

なので、私も過去に、洗剤の成分に関しては、ざっくりとですが調べたことがありますので、まずはそれについて紹介していきますね。

例えば、食器用洗剤は、油汚れにとても効果的ですが、ですが、洗濯用洗剤と違って衣類を白く見せる「蛍光増白剤」などは入っていません。

また、衣類用の洗濯洗剤には、「水軟化剤」とか、汚れの「再付着防止剤」と言った成分が含まれています。

これは、衣類は食器と違って吸水性がありますので、衣類用の洗濯洗剤に関しては、こう言った成分を含むことによって、より高い洗浄効果を目指しているのです。

こんな感じで洗剤に関しては、「どれも一緒」ではなく「それぞれ専門性がある」と言うことができます。

なので、靴を洗うための洗剤として使うのであれば、靴の汚れと相性がいい洗剤を選ぶ方がいいです。

靴の汚れの中身は

靴の汚れは、

・靴の外側:泥や砂の汚れ
・靴の内側:汗や皮脂汚れ

ですので、この汚れと相性がいい洗剤は、食器用洗剤ではなく、洗濯用洗剤となります。

管理人
管理人

私も、靴用の洗剤がない場合、洗濯用洗剤を代用として使っています。

というのも、靴の素材と衣類の素材って、ほとんど一緒ですよね。

なので、靴の上にケチャップを落としてしまった…などといった例外を除けば、靴を洗うのであれば、食器用洗剤よりも、洗濯用洗剤の方が相性がとてもいいです。

ボディソープも、汗や皮脂汚れを落とすのにはとてもいいのですが、先ほども書いたように、洗濯洗剤に含まれている「水軟化剤」とか、汚れの「再付着防止剤」に関しては、含まれていません。

なので、ボディソープよりも洗濯用洗剤の方が、靴の洗濯に、より高い効果が期待できます。

酸素系漂白剤で靴はきれいになるの?

次に、酸素系漂白剤で靴がきれいになるのか?についても解説していきますね。

酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤と違って、色落ちがしません。

なので、靴のにおいの原因である雑菌を殺して、靴をきれいにすることができます。

ですが、酸素系漂白剤の場合、素材によっては、はがれてしまうことがあるんです。

(特に合皮は溶けてしまうことがあります。)

と言った感じで、X(twitter)には、合皮が使われていれる酸素系漂白剤はNG、といった投稿を数多く見つけることができます。

とはいえ、酸素系漂白剤にはこう言ったデメリットがありますが、逆にいうと、こう言ったデメリットを知ることで、それを避けて使用することで、とても高い洗浄効果が期待できます。

その一例を紹介していきますね。

と言った感じで、酸素系漂白剤を使用して靴を洗っている人は、とてもたくさんいます。

管理人
管理人

先ほども書きましたが、酸素系漂白剤の場合、靴の中のにおいまで取ってくれますので、とても有能なんです。
私も、もちろん使っていますよ~。

酸素系漂白剤の場合、漂白成分がにおいの元である雑菌まで対応してくれますので、靴だけでなく、

・靴下
・シャツ
・バスタオル

など、においが気になる洗濯物にも使っています。

我が家では、酸素系漂白剤は、においの万能薬として使っていますよ!


上履きの場合は?

上履きを洗うのに、どの洗剤が一番いいのか?についても調べてみたのですが、やはり効果が高いのは、酸素系漂白剤でした。

私の場合、子供のころ毎週上履きを洗っていましたが、上履きに関しては、洗濯用洗剤で洗っていた記憶があります。

管理人
管理人

学校から上履きを毎週持ち帰って、靴用のブラシで、ゴシゴシこすっていました。

たまに、月曜日に学校に上履きを持っていくのを忘れるんですよ…。

なんか苦い思い出を思い出してしまった…

上履きがないと、、冬は足先がとても冷えるんですよね。

なので、上履きを洗ったら、子供のためにも、次の登校日はちゃんと学校に持って行かせてくださいね。


まとめ

と言うことで本日の記事は、靴の洗剤の代用について、調査した結果を紹介しました。

要点をまとめてみると、

靴の洗剤の代用としては、中に含まれていえる成分の違いなどから、食器用洗剤よりも、洗濯用洗剤の方がより高い効果が期待できます。

また、酸素系漂白剤を使うのも、もちろんアリです。

というか、ぜひ使ってみてください。

酸素系漂白剤は、靴だけではなく、

・靴下
・シャツ
・バスタオル

などに染み付いた嫌なにおいまで取ってくれますので、とても有能なんですよ。


 特に靴下の臭いって放っておくと、その靴下で家の中のいろいろなところを歩いてしまいますので、その結果、家の中のにおいまで悪くなってしまう原因となってしまいます。

なので、靴下を定期的に漂白殺菌して、家の中に雑菌が広がらないようにしてください。

また、靴の素材の種類によっては、今回の記事で紹介した

・洗濯洗剤
・酸素系漂白剤

などが合わない場合もあります。

そんな時は、靴用の洗剤を利用して靴を洗ってみてください。


本日の記事は以上です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました