PR

派遣で仕事の案件がなくなった?カラ求人(釣り求人)の理由と対処法を紹介!

スポンサーリンク

派遣で仕事の案件がなくなったんだけど…

・応募したい案件が突然なくなっていた
・登録後に案件が消えるってなぜ?
・求人情報が消滅していしまう理由は?
・応募が殺到する人気の案件だはなかったはず…

と、お悩みではないですか?

たしかに、派遣会社のサイトには、いろいろな求人情報が掲載されていますよね。

管理人
管理人

私も昔はよくお世話になりましたよ~。

あれって、求人の案件が突然なくなることがあるんですよね。

そうそう!

・求人情報誌
・求人サイト

に掲載されている仕事の案件が、派遣会社に登録したとたん、急に消えてしまうことが、たまにあったんです。

これはちょっとおかしいな…とは思いつつも、まだまだ求人案件はいっぱいあったので、ほかの仕事にエントリーして…って感じで、仕事探し自体は問題なかったのですが、やっぱりおかしいものはおかしい!

ということで、昔のことですが、派遣会社に聞いてみたところ、

人気の案件だったので、募集してすぐ埋まってしまったようです。

求人情報誌にはちゃんと伝えたのですが、どうやら印刷してしまった後だったらしく…

といった回答をもらうことができました。

管理人
管理人

なるほど…!

そういった理由なら仕方ない

ですが、派遣会社で求人の案件がなくなった…って、これ以外にも理由はあるはず!

ということで調査してみた結果、求人の案件がなくなる理由とその対処法がわかりましたので、紹介していきますね~。

スポンサーリンク

派遣で仕事の案件がなくなった原因として考えられる3つの要因

派遣会社が

・求人サイト
・求人情報誌

などに掲載している求人情報ですが、

「この仕事で働きたい!」

と思って応募してみると、その案件がなくなっていた…なんてことがよくあるみたいですね。

この原因について調べてみたところ、

・釣り案件(偽物案件)だった可能性
・年齢による求人の減少
・応募者の増加

といったことが原因として考えられます。

それぞれわかりやすく解説していきますね~。

1 釣り案件(偽物案件)だった可能性

派遣会社が紹介している求人案件がなくなった理由として考えられるのが、釣り案件(偽物案件)です。
(カラ求人ともいわれています)

実際には存在しない案件のことですが、釣り案件の場合、

・時給が高い
・応募したとたん、求人が埋まる
・ほかの仕事を紹介される

といった特徴があります。

最近では、こういった手法で登録者を増やして囲い込み、別の求人を紹介する手口で派遣社員を増やしている派遣会社もあるみたいですね。

こういった派遣会社の特徴として、高い時給で目立つ場所に求人情報を載せていることがあげられます。

とはいっても、求人情報を見た限りでは、その情報が本物なのか偽物なのかはわかりませんので、口コミサイトなども参考にしながら見比べてみる必要があります。

また、派遣会社を通して仕事を探す場合、1社に頼ってしまうと、

・情報が少なくなってしまう
・時給の低い仕事を紹介される

といった感じで、いいように使われてしまう場合があります。

なので、最低でも3社くらいの求人サイトの情報を見比べて、自分に合った仕事を探すようにしましょう。

2 年齢による求人の減少

派遣案件の求人数には、年齢に関する影響も見られます。

例えば、30代/40代/50代活躍中、といった求人案件でも、会社側としては、できるだけ若い人材が欲しいはず。

管理人
管理人

若い人の方が、長く働いてくれる可能性がありますからね

なので、その結果、

・30代は資格なしでもOK
・40代/50代は資格ありのみ

といった求人情報からは見えない採用基準がある場合もあります。

ですが、こういったことに関しては、登録者(応募者)には、伝えることがりませんので、その結果「案件がなくなった…」となってしまう場合もあります。

年齢制限がある求人は増加、今後も増加していきます。

なので、年齢に合わせたキャリア戦略を検討する必要がありますが、その中で、先ほども言いましたが、派遣会社1社に頼るのは、ちょっと物足りないですよね。

なので、最低でも3社に登録して、複数の派遣会社から自分に合った仕事を探すようにすることを強くおススメします。

その方が、可能性が広がりますからね。

3 応募者の増加

ニュースでもよく見かけますが、派遣案件への応募者数が増加していることが、派遣案件の競争を高めています。

管理人
管理人

そうなんですよ!

派遣社員としては働く人口が増えている…ってことは、それだけ競争率が増加しているってことなんです。

そのため、自身を他の応募者と差別化させるための

・資格
・スキルアップ

などが必要となってきます。

また、派遣社員の人口が増えているので、人気の求人案件はすぐになくなってしまいます。

その対策としては、

・複数の求人サイトに登録する
・そのサイトからくる新着メールをチェックする

といった方法がとても有効です。

派遣会社の求人サイトの場合、登録しなくても求人情報を見ることは出来るのですが、それってほかの人もやっていることですので、あまり効果がない…んですよ。

いい求人案件を探すのであれば、メールを使うのがオススメ!
(サイトによってはLINEの場合もあります)

求人サイトが発行するメールって、新着の求人情報を送ってくれますので、新しい求人情報にいち早くエントリーすることができます。

この素早さがきっかけで、採用されることもあります。

管理人
管理人

善は急げ!ですね。

特に、

・時給が高い
・作業内容が楽
・定時で帰れる

なんて感じの人気の仕事は、応募が殺到することが予想されますので、自分が応募した時には、その案件はなくなった…なんてことがないように、なるべく早く動くことが重要です。

派遣案件がなくなった状況を乗り越えるための5つのアプローチ

次に、派遣の求人案件がなくなってしまった状況を乗り越えるための、効果的な5つのアプローチについて、紹介していきます。

具体的に言うと、

  1. スキルや資格の多様化
  2. フリーランスやクラウドワーカーとして働く
  3. オンラインプラットフォームの活用
  4. 新たな業界への転職
  5. キャリアカウンセリングと求人情報の継続的なチェック

があります。

1つでも効果がありますが、組み合わせてやってみることで、より効果が高くなりますので、それぞれわかりやすく紹介していきますね~。

1 スキルや資格の多様化

派遣社員として働くためには、多様な

・スキル
・資格
・コミュニケーション能力

を持つことは、仕事に応募する際にはとても重要な要素です。

資格があるから、派遣社員から正社員になった!なんて事例もたくさんありますからね。

なので、

・新しいスキルを身につけたり
・既存のスキルをさらに磨く

といったことが大切にしてください。

管理人
管理人

スキルがあれば、副業としても稼ぐ事も可能なんですよ!

2 フリーランスやクラウドワーカーとしての活動

派遣案件の代わりに、

・フリーランス
・クラウドワーカー

として働くことが選択肢として考えられます。

こういったことができる人の強みは、派遣社員としても仕事がなくても、稼げること。

なので、これからも派遣社員として働くのであれば、フリーランスとしても稼ぐ事ができるスキルを身に着けることがとても重要となってきます。

3 オンラインプラットフォームの活用

オンラインプラットフォームは、仕事機会を提供しています。

オンラインプラットフォームって、求人情報サイトだけじゃないんですよ。

例えば「ココナラ」といったサイトでは、自分が身に着けたスキルを活用して、仕事をもらうことだってできるんです。

こういったオンラインプラットフォームを定期的にチェックし、

・自分ができる仕事を探す
・自分がチャレンジしたいスキルを探す
・仕事の料金についての知識を得る

といった感じで、色々な角度から自分が何ができるのか?をオンラインプラットフォームを利用して追及してみてください。

4 新たな業界への転職

異なる業界での仕事に挑戦することも検討すべきです。

最近では、製造業の求人が多いかな。

製造業の場合、

・高時給
・即日勤務可能
・20~50代活躍中
・給料日払い可能

といった案件がなくなることは、しばらくないんじゃないかな。

応募していた求人案件がなくなった…でも、今すぐお金が欲しい!なんて場合には、製造業がオススメですよ。

5 キャリアカウンセリングと求人情報の継続的なチェック

キャリアカウンセリングを受け、専門家からアドバイスを受けることは、新たなキャリアパスを見つけるのに役立ちます。

キャリアカウンセリングは、ハローワークで受けることができます。

また、一部の求人サイトに登録することで、適正カウンセリングなども受けることが可能ですので、こういったものは積極的に利用してみてください。

まとめ:派遣案件の減少に立ち向かうための行動プラン

本日の記事は、派遣会社の求人案件がなくなったりっゆうと、その対処法について紹介しました。

派遣社員としては働く人口が年々増えてきているので、その結果、人気の求人が取り合いになってしまって、応募した案件がなくなった…って、これから先も遭遇してしまう可能性があります。

そういったことをなるべく避けるために、

・資格(スキル)を磨いておく
・複数の派遣会社に登録して新着情報をチェックする
・違う業種にチャレンジしてみる

といったことも選択肢に入れておいてください。

求人案件の減少は課題ですが、上で紹介した適切な対策を講じることで克服できる可能性があります。

偽物案件に注意し、スキルの多様化や他の分野への転職を検討し、求人情報を積極的にチェックすることが成功への道です。

柔軟性を持ち、変化に適応することで、新たなキャリアの道が開けるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました